コールセンタのお仕事は、やりがいがありますね。

その理由は4つ
1.顧客自身では、解決できないニーズを知る
 昔の御用聞きと云われる営業スタイルでは、企業から顧客にニーズや問題を聞いて回っていました。しかし、今はコールセンタを構えていれば、顧客自身で解決できない事を打ち明けてくれます。本来なら見ず知らずの人に、困っている事を打ち明けたりしません。
→顧客自身で解決できない事を打ち明けてもらう方法や全社で共有する方法は、ここをクリックしてお問合せ願います。

2.消費者保護の観点からクレームを受け付け、自社を客観的な視点で改善する原動力にする
 自身を客観的に評価する事は難しい事は誰もが経験しています。
客観的なアドバイスが欲しい場合は、高価な契約料を用意して経営コンサルタントとの契約が必要です。しかし、コールセンタなら顧客が企業に対して積極的に客観的に評価してアドバイスしてくれています。
→顧客に客観的な評価を頂く方法や全社で共有する方法は、ここをクリックしてお問合せ願います。

3.比較されているサービスや製品を知る
 コールセンタに顧客が問合せをする背景を考えた事は有りますか。
考えられる背景は、自身が期待する希望通りになるのか否かを判断するネタ集めと評価です。
そして、多くの場合新しい何か?そう競合や新規参入者との比較が該当します。よって、わざわざ市場リサーチを掛けなくても、推測するために必要なことは概ね収集できます。
→顧客が比較している何かを調べる方法や全社で共有する方法は、ここをクリックしてお問合せ願います。

4.顧客に喜ばれるためには何が必要条件で、何が十分条件なのかを検証出来る
 コールセンタに問合せや申込みをする顧客は何が目的なのか?を聞き出し検証する事が出来ます。この作業を代替えしようとすると、モニタ契約をお願いし更に会場の設定など結構なボリュームです。
しかし、コールセンタならさりげなく目的を聞き出したり、ニーズや問題意識に検討中の対策案を小当たりに問いかけてみたりして確認する事が出来ます。そうすれば顧客のニーズや問題意識への対策の方向性やレベル感の確認と調整が出来ます。
→顧客のニーズや問題意識を教えて頂く方法と全社で共有する方法は、ここをクリックしてお問合せ願います。

まとめ
 こんなに凄いことが出来るコールセンタのお仕事は、やりがいがありますね。
コールセンタは顧客の満足度を上げたり、企業を客観視する顧客の意見を代弁して成長を助けたり出来ます。言うなれば、コールセンタのお仕事は日々顧客と対話を交わすコンサルタントと同じ業務内容と考えてもよいでしょう。
よってコールセンタを持つ企業もコールセンタで働く人も、プライドを持って働く事をお勧めいたします
→企業の成長をお考えなら、ここをクリックしてお問合せ願います。

でも、コールセンタに係る新人からベテランそして企業の全ての人が同じアクションをして収集した情報を共有する事はちょっと大変です。
→詳しい解決方法は、ここをクリックしてお問合せ願います。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA