サービス紹介

 サービス内容

 

貴社のコールセンターの課題を解決します。

☑無料診断サービス
【サービス内容目的】顧客満足度向上に係る診断
【概要】貴社の事業に於ける顧客満足度のブランド力向上に係るPDCAマネジメントサイクルの設計・推進
1. 顧客の貴社の不満や不安を解消して信頼関係を構築する事でブランド力を向上させ稼ぐ源泉となる顧客お客さま満足度の向上が期待できる対象を明確化
2. 社員のやる気を刺激し、毎日の業務がワクワク楽しくなるモチベーションの向上が期待できる対象を明確化
3. 一方、やる気にブレーキをかけてしまう無駄を削減し生産性向上になる対象を明確化
更に、PDCA マネジメントサイクルの設計支援では、
A) 対象とする事業はどういう状況か
B) どんなアクションが必要か
C) 重要性、緊急性、拡張性を評価
(ア) 重要な対象
(イ) 重要ではないけれど直ぐに対応が必要な対象
(ウ) 比較的時間を掛けて対応しても好い対象
(エ) 今は緊急性も重要性も高くないけれど時間が経過すると大きな影響が出てしまう対象を明確化
(オ) どの対象を何時までにどんな方法で対応すべきかの選択を支援
D) 誰が若しくはどの組織が、いつまでに対応するかなどを明確化

☑ AI・人工知能『コーチングエンジンⓇ』導入支援
【サービス内容目的】AI・人工知能『コーチングエンジンⓇ』の導入に係る準備と稼働までの支援
【概要】前段の『無料診断サービス』で定義するPDCA マネジメントサイクルを実践推進する支援
AI・人工知能を有効稼働させるためには、貴社ブランドを向上させるために必要な範囲と深さを見極める必要があります。
理由は、貴社の業務と組織を藪から棒的に全てをAI・人工知能『コーチングエンジンⓇ』の適用範囲と深さとするのではなく、直ぐに対策が必要なところから着手する事が前提だからです。
範囲とは、ブランド価値向上に最も因果関係が深い業務や組織と緊急性はないが時間が経過すると因果関係が強くなり無視できない業務と組織を対象にしてAI・人工知能『コーチングエンジンⓇ』の導入効果を予測して期待値の高い業務や組織を対象とする支援。
深さとは、特定の業務や組織だけ対策を適用するのではなく、段階的に適用する深さを変えて行きます。それは、初めは浅く、徐々に深くしていく手法を採用します。
このサービスで弊社AI・人工知能『コーチングエンジンⓇ』を適用する場合、貴社の他システムとの連係の実現に向けたカスタマイズ対応をご用意いたします。

☑ 定期バージョンアップ
【目的】貴社のブランド力向上に必要なサービスを定期的にバージョンアップ
【概要】弊社AI・人工知能『コーチングエンジンⓇ』クラウドサービスのご利用に合わせて、ご提供させて頂きます。
機能追加や機能改善した弊社AI・人工知能『コーチングエンジンⓇ』の最新バージョンを定期的にバージョンアップ致します。ただし、カスタマイズ対応している企業さまは、個別対応とさせて頂きます。

☑ 伴走型コンサルティング
【目的】貴社のブランド力向上に不可欠なPDCA マネジメントサイクルの推進支援
【概要】伴走型コンサルティングは、AI・人工知能『コーチングエンジンⓇ』のクラウドサービスと合わせてご利用いただけます。
PDCA マネジメントサイクルのアクティビティ推進支援、結果評価と改善などの設計支援を中心に行います。
弊社AI・人工知能『コーチングエンジンⓇ』をご利用いただく事で、コンビニのPOS レジの履歴データのように事業に係る操作や振舞いをビッグデータとして収集できます。収集した事業に係る成功体験や失敗体験などを基にノウハウの構築を行います。
そして獲得したノウハウから①離職率の削減、教育コストの削減など効率化に役立つ情報と②顧客が欲しがっているニーズ情報を特定しとことん顧客起点で考えます。
二つの情報を加味してそして新サービスや商品開発へのヒントを得て、マーケティングの4P や4C に準拠して開発し販売していきます。このようにとことん顧客を起点に考える事で開発する新サービスや商品は、顧客の満足度も高くなり貴社のファン獲得に貢献するでしょう。
このプロジェクトの推進体制は、無料診断サービスで策定したPDCA マネジメントサイクルに基づき、貴社メンバによる主観に基づく推進と弊社コンサルタントによる客観的な推進の両輪で推進します。

☑ AI 時代の接客セミナー
☑ AI 時代の応対セミナー
☑ AI 時代の顧客データ活用法
☑ AI 時代のオペレータ育成法
☑ AI 時代のSV の役割
☑ AI 時代のセンター長の役割

PAGE TOP