もし、お客さまの拘りやニーズが分かったら、・・・・。
サービスを改善してリピート購入を増やしたり、新開発でお客さまを増やし事業を拡大したいと考えた事は有りますか。
弊社は、お客さまの拘りやニーズを基に貴社の事業拡大のお手伝いを担います。
中小企業基盤整備機構(中小企業大学校)の『顧客志向で取り組む新商品開発』は、自分の経験を点として自信を持たせてくれて、点と点を繋げる理論で背景が浮かび上がり考えの偏りを無くす目的で分かりやすい講義とグループ演習をしてくれました。
考えが偏らない検討方法は、目からうろこで本当に善いカリキュラムでした。
この技術の適用部門として、特にコールセンターなどはお客さま自ら拘りやニーズを話してくれる部門なので、コールセンターはお客さまの声(VOC :Voice of Customer)を集積する部門として適していると感じます。
お客さまの拘りやニーズなどの声を集積する事を目的にしたらコールセンターのポジションがもっと大切にされるのではないか??
と考えるこの頃です。
お問い合わせは、弊社お問合せページから必要時を入力すると、入力したメールアドレスにお問い合わせフォームのURLが届きます。
お手数ですが、お問い合わせフォームにお問合せ事項を入力してください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。