『未来が分かれば、確実に成功出来る』

なんて、考えた事ありませんか?

写真は、本日(2020年10月10日)土曜日の日本経済新聞の記事です。

この写真から読み取れる事は、・・・・
何でしょうか⁇

諸説あるとは思いますが、
市場に於ける主役が交代する事を示唆していると、考えることは出来ないでしょうか⁇

今まで主役だったモノやコト
新しく主役に成るモノやコト

主役が交代する時の取組み方は、
①新しい時代に適合するまで何年、何十年、何百年と云う時間を掛けるのか⁇
②新しい時代に適合するため少ない事例からデータを集積して得た傾向と対策に取組むのか⁇

『傾向と対策』って・・・・⁇
資格試験を含め受験を経験していたら誰でも通る道ですネ。
①を選択するのも正解、②を選択するのも正解。

あなたは、①と②どちらを選択しますか⁇

以下は、新しい時代への対策は、データがたとえ少なくても分析により得られる傾向をしっかり掴む事から始める方法をご紹介いたします。

弊社は、②の新しい時代に適合した㋐事例を収集して見える化、㋑見える化した事例を最適化するAI人工知能による学習、㋒最適化された事例の分析をオールインワンにした『コーチングエンジンⓇ』サービスを提供しています。

収集され最適化された事例は、見える化されているからこそ分かる成功体験・失敗体験がたくさん詰まっていて、それを分析する価値は誰もが疑いません。

しかし、IOTに代表されるようなセンサーによる数値データや写真の識別にAI人工知能が使われ始めていますが、今まで成功体験や失敗体験などヒトの思考を支援する分野はAI人工知能の苦手分野でした。

AI人工知能がデスクワーク等の思考分野を苦手にしていた理由は、デスクワークなどの業務の遂行には資料や図面などのように言語化されている部分と、感覚などの言語化されていない部分がまじりあっているため部分的にテキスト化して見える化しても業務全体からすると部分的に欠落している不連続の文章となり、後日再利用しようとしても言語化されていない部分が思考を停止させてしまい、行間を読むヒト毎に自由な発想や解釈により期待する結果が得られないと云う問題が大きな原因とされています。

弊社のAI人工知能『コーチングエンジンⓇ』は、この見える化したテキストデータが不連続になる問題を解決しました。言語化されていない暗黙知もテキスト化出来るようになりました。

概要を以下に解説致します。
最初にデスクワークなどヒトの思考の基となる言葉にハイライトを当て、資料や図面など言葉や文章としてテキスト化出来る対象を時系列に整理した文脈をAI人工知能『コーチングエンジンⓇ』が事業ナレッジとしてビッグデータを構築します。

次に言語化されていない部分を言語化するためにナレッジマネジメントで使われる言語化モデルSECIモデル(セキモデル)に準拠して、言語化されている言葉と言葉の行間に含まれる言語化されていない部分も時系列化した文脈に含まれるデータとして内面化した後、共同化作業を経て言語化(表出化)する手法を取り入れ、言語化されていない暗黙知も事業ナレッジにテキストとして組み込む事が出来るようになりました。

弊社のAI人工知能『コーチングエンジンⓇ』がテキストデータを取り扱う対象に加えた事で、今まで苦手分野だったデスクワーク等のヒトの思考領域もAI人工知能が取り扱う事が出来るようになりました。この効果は、AI人工知能の普及は第四次産業革命の到来と云われている通り、ロジカル的に効率化及び提供品質の向上を目指せることを意味しています。更に、効率化の向上は生産性を高め、提供品質の向上は働くヒトの満足度を高め離職率を改善します。そして、顧客獲得の原動力となり得ます。

新型コロナ感染症対策により主役の交代が行われている真っただ中の今、誰もが新しい正解を見つけようと横一線に並んで手探りを続けています。

新型コロナ感染症対策時代に於ける『正解を速く獲得するためのルール』は、どれだけ長くその事業にかかわってきたかなどのキャリアはあまり関係なさそうです。

新型コロナ感染症と向き合う(付き合う)時代に適合した新しい生活様式を速く手に入れた者が、次の時代をリードしていくのではないでしょうか。

次の時代をリードしていくために必要な『傾向と対策』を獲得する『コーチングエンジンⓇ』サービスについてのお問い合わせは、弊社ホームページのお問合せからメールにてお願い致します。

適用業務
経営、コールセンター、接客、企画、経理、営業、マーケティング、採用など

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。