もし、貴社に同じ失敗を繰り返すヒトが居たらどう対処していますか。

こんなヒトに対する周りの評価は、何度注意しても改善できないからしょうがない。
申し訳ないけれど辞めてもらうしかない・・・・。
と、あきらめてしまう事例を何件も見てきました。
本当は、こんな対応を避けたいとは思いませんか。
今どき、辞めさせたヒトの代替え者を新たに採用するより、今居るヒトを大切にする事が優先されるべきです。
辞めさせずに、活き活き働いてもらう事が大切です。

理由は3つです。
①新しいヒトを採用して教育すれば何とかなると考えていませんか。現在の有効求人倍率は3.9倍と高く募集しても応募者が来ません。
②そもそも悪気が有って同じ失敗を繰り返しているわけではありません。
③仲間を辞めさせて失う方も辞めさせられる方も、とても辛い思いをしなくてはなりません。
だから、辞めさせずに活き活きと働いてもらいましょう。辞めさせずに大切に接すれば、きっと貢献意欲も高まります。
そうは言っても、同じ失敗が繰り返されてしまうとお互いに大きな損失が出てしまいます。
何としても、同じ失敗を繰り返さない対策を考え実行しなければなりません。

このような場合に考えられる対策は、何でしょうか??

多くの場合、当事者はちゃんと対応しているし間違っていない、若しくは問題ないと認識していますが、実は仕事の受け渡しタイミングや完成度合いなどのレベル合わせが不足しているなど細かな仕事の進め方の解釈がお互いにずれている事が原因で起こります。だから、お客さまや仕事仲間から同じ失敗を繰り返す厄介なヒトと評価されてしまいます。なんとも勿体ない事です。

対策は、具体的な目標を設定して実行する事が大切。
【具体的な目標】
①同じ時間なら多く捌く、
②同じ数量なら時短を目指す、
③同じ失敗はしない、
④正しいやり方で仕事を遂行する。
【実行案】
仕事の流れ毎の文脈からどのタイミングでどれだけの仕上がり度合いが求められているのかを提供する能力拡張型AI・人工知能『コーチングエンジンⓇ』を使えば、解釈のバラツキが無い新しい認識を基に仕事の流れ(ワークフロー)を共有し、同じ失敗は出来ない仕組みが構築出来ます。その結果誰でも即戦力として活き活き働く事が出来るようになります。

詳しい説明は、当サイト内のトップページから確認願います。

特に効果が期待できる分野は、
・営業
・企画
・コールセンター
・開発
・採用教育
等です。
お問い合わせは、ここをクリック

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA